めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

スティーブン・キングの大作・映画「ダーク・タワー」の日本公開予定など

スティーブン・キングの大作「ダーク・タワー」が実写映画化されると聞いたとき、一体何部作で撮る気なんだろう?と思いました。 そもそも「ダーク・タワー」は全7部構成。その中に上下や上中下があったりするので、全部読むとすごい数になってしまいます。 …

「コロボックル物語」の佐藤さとる氏が死去 88歳

児童文学作家の佐藤さとる氏が、2月9日に心不全で死去していたそうです。88歳でした。私は「コロボックル物語」大好きなので、悲しいです・・・。 だれも知らない小さな国 はじめて読んだのは小学生の頃。もともと家にあったので、たぶん母が買ったんではな…

宮部みゆき著「小暮写真館」 700ページ超を読み終わった

宮部さんの本は、ほとんど読み終わったと思っていましたが、「小暮写真館」を読んでいませんでした。 2013年にドラマ化もされているそうですが、日本のドラマをまったく見ない私は、ストーリーも知らないし新鮮です。 小暮写真館は700ページ超 722ページでし…

高田郁著「みをつくし料理帖」シリーズを読破した!

時代もの小説大好きな私ですが、高田郁さんは初めてでした。「みをつくし料理帖」シリーズを、一気にダァーーーーっと読破しました(もちろん日数はかかってますよ)。 「みをつくし料理帖」シリーズのあらすじ 大坂生まれの澪は、小さい頃、水害のため両親…

宮部みゆき著「過ぎ去りし王国の城」を読み終わった感想

読みやすくて大好きな宮部みゆきさん(主に時代ものが好き)ですが、近所の図書館にあるものもすでに読了!そしたら、久しぶりに新しい本が入っていました。 「過ぎ去りし王国の城」です。 「過ぎ去りし王国の城」あらすじ 主人公は中学3年生。母親に頼まれ…

森見登美彦著「聖なる怠け者の冒険」を読み終わった!!!

昨日に引き続き、森見登美彦さんですね。図書館で借りていた「聖なる怠け者の冒険」を読み終わりました。 「聖なる怠け者の冒険」のあらすじ 京都の街に現れる、マントを身につけ、かわいい狸のお面をつけた「ぽんぽこ仮面」。困っている人々を助けてくれる…

森見登美彦著の「夜は短し歩けよ乙女」 アニメ映画化決定!

森見登美彦著の「夜は短し歩けよ乙女」のアニメ映画化が決定したそうです!主人公でもある"先輩"の声を担当するのは星野源さん、監督は湯浅政明氏です。 「夜は短し歩けよ乙女」あらすじ 森見登美彦さんですから、舞台はやっぱり京都。後輩である黒髪の乙女…

時代小説って面白い!畠中恵さん&諸田玲子さんの2冊を読み終えました

時代小説・・・とくに江戸時代の小説は好きなのですが、今回は諸田玲子さんと畠中恵さんの2冊を読み終えました。 諸田玲子さんの方は江戸時代、畠中恵さんのほうは明治時代のお話です。 諸田玲子著「相も変わらず きりきり舞い」 シリーズの2作目です。1作目…

マンガ好きのスキマ時間活用に【スキマ】10,000冊以上のコミックが無料で読める!

本も好きですが、マンガも大好きです! さすがにこの年になっては、厳選してお気に入りだけを置いています。じゃないとすぐに家が本だらけになってしまうんですよね~。 マンガはネット上やアプリでも読めるものが多いですが、結局お金を払って1冊ずつ買わな…

東野圭吾著「ダイイング・アイ」を読み終わりましたが・・・消化不良気味

近所の図書館は小さいので、好きな作家の本はほとんど読み終わってしまっています。そこで著書数の豊富な東野圭吾さんをしばらく読んでいました。今回は「ダイイング・アイ」です。 「ダイイング・アイ」のあらすじ 1つの悲惨な交通事故から物語は始まりま…

東野圭吾著「赤い指」を読んでみて思ったこと

少し前に読み終わっていた、東野圭吾さんの「赤い指」。大好きな加賀恭一郎シリーズの1つですが、ちょっとリアルな社会を垣間見たような気分にさせられました。 「赤い指」あらすじ この本では犯人は最初から書かれています。事件を起こしてしまった息子を…

シリーズ最新作「ハリー・ポッターと呪いの子」11月発売!amazonで予約受付中!

J・K・ローリング氏のハリー・ポッターシリーズの最新作「ハリー・ポッターと呪いの子」。待望の新作に本家イギリスのファンも書店に殺到したようですね。発売から3日間で68万部以上が売れたそうです! 「ハリー・ポッターと呪いの子」のあらすじは? 物語は…

東野圭吾著「予知夢」を読み終わりました

今回の東野圭吾さんの本は「予知夢」。ガリレオシリーズの湯川先生の短編集です。予知夢とタイトルにある通り、夢や不思議な体験が絡む事件を湯川氏が謎解きするというストーリー。 5つの短編で構成 5つの話で構成されている短編集ですが、1つ1つの話はけっ…

東野圭吾著「麒麟の翼」を読み終わりました

今週の読書は東野圭吾さんの「麒麟の翼」。刑事・加賀恭一郎シリーズの1つです。 麒麟の翼 舞台は日本橋 今回のタイトルにもなった「麒麟の翼」は日本橋にある翼を持った麒麟像のこと。事件はこの像からはじまります。像だけでなく「麒麟の翼」という言葉は…

東野圭吾著「虚ろな十字架」を読み終わった!

今週の読書は東野圭吾さんの「虚ろな十字架」。やっぱり読みやすいですね(*'ω'*) ただ内容はちょっと暗め。まあ本のタイトルからしてもわかりますが・・・。 虚ろな十字架 あらすじ 長編サスペンスです。過去に娘を事件で亡くした父親の元に、当時捜査を担当…

東野圭吾著「流星の絆」を読んでみた

以前は古本屋で購入することが多かった本ですが、最近はすっかり地域の図書館ばかり利用しています。予約もできるし、家が本で溢れないからありがたいですね。今回は東野圭吾著の「流星の絆」を読みました。 流星の絆 あらすじ 流星群をみるために家を抜け出…