めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

砂浜で見つけた!小さい白い花は何?


スポンサードリンク

f:id:cosmehada:20160426195724j:plain

 

月曜日、娘の学校が代休だったので2人で海に♪

春は気候もよくて気持ちいいですよね~~

こんな時は、思いっきり太陽の光を浴びています。

 

春だからか、砂浜にもたくさんの植物が!

その中でも気になったのが、上の写真の白い小さな花をつけた植物。

まるで極小のカリフラワーがビッシリ咲いているような感じの花です。

 

調べてみると名前は「ハマボウフウ(浜防風)」。

 

ハマボウフウ(浜防風、学名Glehnia littoralis)とは、被子植物セリ科ハマボウフウ属の一種。 海岸の砂地に自生する[8]海岸性の多年草山菜として食用にするほか、漢方薬・民間療法薬として利用される。八百屋防風と呼ばれることもある 

ハマボウフウ - Wikipedia

 

驚くべきはこのハマボウフウ、食用にできるらしい。

天ぷらや茹でたりはもちろん、生食もいけるらしい!!

しかも漢方薬にも利用されているなんて、絶対に栄養価高そう!!

 

食い意地がはっている私としては、「ハマボウフウ採ってくればよかった」と思ったんですが、どうやら福島県では絶滅危惧II類に分類されている植物らしい。

 

福島以外ではまだ大丈夫のようですが、あまりホイホイ採るのもダメですね。

可愛い花を咲かせるので、もっと繁殖させてあげましょう。

来年もまた様子を見に行くつもりです。

 

ちなみにハマボウフウがあったのは、高知県夜須町のヤ・シーパークです。