めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

アラフォー世代のスキンケアにプラス!ビタミンEたっぷりのアボカドオイル


スポンサードリンク

ねっとりとした食感で大好きなアボカド。ちょっとこってりしていて青臭い味は、好き嫌いもあるかもしれません。でもアボカドは“食べる美容液”と言われるほど、美容には最高の食材なんですよ♪

 

f:id:cosmehada:20160513093745j:plain

 

もちろん、こってりしているだけに脂肪分が20%近くもありカロリーはけっこう高いんですよね。1日あたり1/4個ぐらいがいいかもしれません。

 

キャリアオイルとして使われるアボカドオイル

f:id:cosmehada:20160513093716j:plain

そのまま果実を食したり、料理用として使えるアボカドオイルもありますが、スキンケアアイテムとして使えるアボカドオイルもあります。未精製のものだとグリーン色をして、アボカド独特の匂いがあります。食用のアボカドは強いにおいを感じることは少ないのですが、アボカドの油の成分を抽出した香りが凝縮されるのでしょうね。

 

香りも楽しめるマッサージなどには、せっかくのリラックスタイムを匂いで台無しにしないためにも、精製されたアボカドオイルが利用されることが多いようです。

 

アボカドオイルの効果・効能

アボカドオイルの主成分はオレイン酸です。さらに種ビタミン類やミネラルも豊富に含まれています。嬉しいことに抗酸化作用があるビタミンEがオリーブオイルの約2倍!そのため年齢肌のスキンケアにもピッタリなんですよね(*´ω`*)角質化した皮膚を柔らかくする作用もあるため、かかとやひじのお手入れにも向いてます。

 

アボカドオイルの使い方

アボカドオイルは保湿力が強い分、ネットリとして粘度の高いオイルです。そのため単品で1、2滴を顔に塗るにはいいですが、マッサージやボディケアなど大量に使うにはちょっと使いづらいです。他のキャリアオイルの10%から20%の割合で混ぜ合わせて使うことが多いですね。こうすることで伸ばしやすく使い心地もアップするでしょう。

 

f:id:cosmehada:20160513093731j:plain

 

抗酸化力と保湿力でアラフォー世代にはピッタリのアボカドオイル。いつも使っているクリームとアボカドオイル1滴を手のひらで混ぜ合わせて使うと、さらに上質な保湿剤に変身するでしょう。

 

 

アボカドは紀元前の昔から栽培されているという歴史を持っています。果実は現代と同じように食用としても好まれていたようです。さらに原産地である南アメリカでは、先住民族のネイティブインディアンがアボカドオイルを身体のケアや化粧品として使っていたそうですよ。古くから利用されてきた背景には、やはり天然由来で効果があるからなんでしょうね。

 

まったく関係ないですが「アボカド?」「アボガド?」と昔はよくわかりませんでした。でも英語で“Avocado”なので、アボカドが正解なんですね。