めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

老化が進んでしまう!?糖化(AGE)とは?


スポンサードリンク

糖化とは、必要以上に糖が体内に存在していて、加齢などによる代謝の低下が重なることで、代謝されるべき糖が体内のタンパク質に結びついている状態を指します。活性酸素などの様々な影響により、糖化は進行すると言われていて、体のサビとも言われています。

糖化が進むと、肌の老化をはじめ、糖尿病などの病気に繋がる恐れがあります。しみ、しわ、たるみなどの肌の老化だけでなく、体の老化まで進むので、最近では酸化よりも糖化のほうが美容と健康に悪影響を及ぼすと言われています。

 

f:id:cosmehada:20160518120639j:plain


糖が酵素の働きなしでタンパク質や脂質に結合する反応というのは、人の体の中でも起きるわけで、たんぱく質が体内に入ってきた糖と結合して変性した物質がAGEです。変化してしまった物質AGEは、本来の働きが出来なくなるので、体がどんどん老化していきます。


糖化された物質は最終的に体内から排出されるのですが、成分の効力はなかなか減りません。加齢とともに体内のAGEの蓄積量は増加してしまうので、老化を防ぐには抗糖化が大切です。

 

糖化と肌への影響

糖化というのは老化の原因の1つで、その最たるものとして肌への影響があります。老化現象というのは、肌に顕著な影響があり、糖化すると、肌のハリや艶、弾力が失われ、たるみやキメが乱れてきます。

糖化でたんぱく質と糖が結びつき、肌の内部でそうした現象が起こると、コラーゲンやケラチンが固まることになり、結果、肌のハリや弾力、透明感が失われてしまうのです。また、黄ばんだり、くすんだりなどの肌トラブルに見舞われることになります。

肌の真皮は、コラーゲンと糖が反応し、角層では、角層を構成しているタンパク質、ケラチン線維、糖が反応することになります。肌は、最終糖化産物であるAGEが少ないほど、きめが整い美しいことがわかっています。

角層が糖化すると、軟らかさが損なわれ、キメが乱れ、どうしても化粧のりが悪くなります。紫外線などの外側からの影響も大きく、紫外線に当たっている人ほど、糖化が進むと言われています。

肌が糖化すると怖いのは、透明なコラーゲン、ケラチンなどの角質が、黄色や茶褐色に変化してしまうことです。糖化すると、肌の色の変化がおこり、肌がくすんで老化していきます。