めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

身体がサビつく酸化とは?食べて酸化を防ぐ食品とは?


スポンサードリンク

身体の酸化とは、肌が老化する大きな原因の一つと言われていて、酸化というのは、酸素が何かと結びつく働きのことを指します。わかりやすくいうと、サビるという状態。剥いたリンゴをそのままにしておくと茶色くなるのはまさしく酸化で、これはサビる現象を示しています。

 

f:id:cosmehada:20160518150809j:plain



こうしたことが身体で起こっているのが、身体の酸化なのです。このサビつかせる原因と言われているのが活性酸素で、これは紫外線や空気の汚れ、そして喫煙、飲酒、ストレスなどによっても発生します。また、一度酸化が起こると、連鎖反応のように広がってしまうので、注意しなければなりません。

金属や食べ物などの物質は、長時間空気にさらされると、サビたり、変色したりなどのダメージを受けますが、人間の細胞も酸化によってダメージを受けます。肌が酸化すると細胞にダメージを与え、皮膚の弾力を失わせ、老化を進めることになります。

現代社会には、活性酸素を発生させる要因がたくさんあり、皮脂や油分の多いファンデーションを長時間肌に付けたりすると、肌を酸化させる原因になります。肌の酸化を防ぐには、正しい洗顔を心がけることが何より重要です。

 

身体の酸化を防ぐ食品とは?

酸化を防ぐ食品は、若さを維持するのに必須です。体の中に活性酸素が増えると、脳や皮膚の老化を早めることになります。酸化を防ぐ食品とは、体に悪いものの発生を抑えたり、除去する力をもつ成分を含む食べ物を指します。

酸化を防ぐ食品でおすすめなのは、イチゴで、抗酸化物質のビタミンCが豊富に含まれています。うなぎも良く、抗酸化作用のあるビタミンEがたっぷり含まれています。

飲み物では、緑茶がおすすめ!!強い抗酸化作用のあるカテキンが沢山含まれています。赤ワインには、苦味成分のポリフェノールが大量に含まれていて、抗酸化作用に大きな力を発揮します。

 

cosmehada.hatenablog.jp

 特に野菜は、ビタミンCなど抗酸化物質の宝庫で、果物にもビタミンやクエン酸などの抗酸化物質が豊富なので、酸化を防ぐ食品としておすすめです。酸化を防ぎ、老化防止に効く食品には、トマト、大豆製品、ごま、いわし、さば、ぶり、抹茶、わさび、とうがらし、ぎんなん、アーモンド、発酵食品などがあり、日常の食卓にこれらの食品を添えると良いでしょう。

体の中は、常に酸化が繰り返されていて、細胞に影響を及ぼしているので、酸化を防ぐ食品の摂取は欠かせません。