めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

たっぷりと酵素が含まれている「果物」と「生野菜」


スポンサードリンク

便秘を改善するためには消化酵素が必要ですが、消化酵素が足りなくなると腸の悪玉菌が増えてしまいます。体内で作られる酵素量はだいたい決まっているので食べ物で酵素を摂る必要があります。酵素は熱を加えると壊れてしまうので果物や野菜、刺身等を生で食べるのが良いでしょう。

 

f:id:cosmehada:20160520133652j:plain

 

新鮮な果物と野菜をジューサーでドリンクにして飲めば食物酵素やビタミン、ミネラルをたくさん摂ることができますね。なお市販のジュースは一度熱を加えたものが殆どなので一番肝心な酵素が含まれていない可能性があります。購入時は注意しましょう。

 

酵素が多く含まれている果物はパパイヤ、キウイ、アボカド、バナナ、マンゴー等です。バナナは皮の表面にシュガースポットという茶色のポツポツができた頃が一番酵素が豊富な時です。

 

野菜ではレタス、大根、キャベツ、ニンジン、セロリ等です。果物は糖分が多くて太りやすいという印象がありますが果物に含まれる果糖は体内で素早く代謝されるので体脂肪として残ることは殆どないのです。

 

なお、酵素食を摂る場合は食前や食間にして下さい。果物は30分くらいで腸に届き、腸に届いた酵素は他の食べ物を分解吸収してくれます。酵素食の方が食後だと他に食べたものと一緒になってしまい、胃酸によって酵素が腸まで届かなくなってしまいますので食事のタイミングに気を付けて下さい。

 

他に酵素食と一緒に酢を取り入れると食物酵素の働きを活性化してくれます。果物や野菜は身体を冷やす作用が多いので食事の際は身体を温める生姜、ニンニク、ネギ、根菜類等の食材を使ったり、温かい汁物等を一緒に食べるといいでしょう。