読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

ファッションもコスメも高齢者向けが充実の現代


スポンサードリンク

数年前から30代40代だけでなく、50代60代からのエイジングケアを謳っている商品が増えた気がします。そういえば、30代からの…という言葉はよく聞きましたが、60代のというのは聞いたことがありませんでした。

 

f:id:cosmehada:20160530121803j:plain

 

以前、母も私と同じ化粧品を使っていたりしましたが、なんとなく違う気がしていました。成分が足りないというか、もっとこってりしていてもいいような・・・。やはり皮脂分泌量が確実に減っているわけですから、同じのでは満足するわけありませんよね。

 

戦略的にも高齢層向けのものを作れば、人数を考えても需要が高いわけですから成功すると思いますよね。現代の60代70代は、私の子供の頃のお祖母ちゃんたちと比べると本当に若いです。まだまだ働き盛りで、体力的にもとても元気です。外に働きに行く高齢者が多いわけですから、身なりだって綺麗にしたくなりますよね。

 

そして金銭的にも自分にお金をかけられる世代ですから、こうゆう商品が出来てくるということは、女性としてもっともっと美しくなりたい願望に応えてくれていると思います。そうなってくると化粧品だけでなく、洋服やサービスも高齢者向けに市場が大きく充実してきているように思います。

 

もうすぐ70歳の母の着ているものは、私たちとさほど変わりません。シンプルでアクティブなこの世代のファッションに貢献したのは、やはり「ユニクロ」だと感じます。もっともっと中年以降の世代の着るオシャレな洋服屋さんが増えたら、それこそ「エイジングケア」になるんではないでしょうか?