読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

美容効果が高くエイジングケアにピッタリのローズヒップオイル


スポンサードリンク

キャリアオイルの一つにローズヒップオイルがあります。主にチリとアンデス山脈に自生している野バラの一種のドッグローズの種子から採取される美容効果の高いオイルです。αリノレン酸不飽和脂肪酸やビタミンCが豊富なので、美容効果が高くて化粧品の材料としては評価が高く、フェイシャルクルームなどのスキンケア化粧品に多く使われているのです。

 

f:id:cosmehada:20160530123900j:plain

 

アロマテラピーの材料としては古くから使われていましたが、1990年代の後半からは、フェイシャルマッサージに使うオイルとして人気が高まってきました。テレビで紹介されたりしたことで、一気に人気が高まってきているのです。

 

またジャムやお菓子にも使われてきていますが、ローズヒップティーとして飲むとビタミンCがたっぷり含まれていることから、多くの人に愛飲されています。日本にもローズヒップはありますが、北海道や東北の海沿いに自生しているハマナスの赤い実のことです。

 

しかし、化粧品に多く使われているローズヒップオイルは、空気に触れると酸化スピードが速いのが難点!!注意して使っていかないと酸化によって臭いがきつくなってしまったり、変色したりしてしまいます。ホホバオイルなど酸化しにくいキャリアオイルの5~10%程度の割合で混ぜて使うことが多いローズヒップオイルですが、購入する場合は少量のボトルを買い冷蔵保存しましょう。

 

ローズヒップオイルに光毒性はありませんが、この酸化しやすい特徴のため、紫外線を浴びやすい朝の使用は避けて夜だけ使用するのが一般的ですね。メーカーによっては日中使用もOKのローズヒップオイルがあるので、購入する際に確認してみてください。