読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

東野圭吾著「流星の絆」を読んでみた


スポンサードリンク

以前は古本屋で購入することが多かった本ですが、最近はすっかり地域の図書館ばかり利用しています。予約もできるし、家が本で溢れないからありがたいですね。今回は東野圭吾著の「流星の絆」を読みました。

 

f:id:cosmehada:20160630150154j:plain

 

流星の絆 あらすじ

流星群をみるために家を抜け出した3人の子供たち。その間に両親が殺害されてしまうところから始まります。次男は不審な男を目撃するが犯人は逮捕されないまま子供たちは施設に入り14年が経過、もうすぐ時効。社会を信用できないまま大人になった3人は立派な?詐欺師となっていたというストーリー・・・。

流星の絆 ドラマ化

日本の民放のドラマなんかほとんど観ることもない私は、この小説がドラマ化されていることを今日まで知りませんでした。

 

長男・有明 功一  二宮和也

次男・有明 泰輔  錦戸亮

末っ子・有明 静奈 戸田恵梨香

 

ドラマでは原作とは異なる結末が用意されていたようですね。小説とは個人の性格も少し違って描かれているようです。ドラマは別の作品と割り切ってみる方が面白いでしょうね。

ススッと引き込まれる東野ワールドが好き

東野圭吾さんの推理小説は最初から引き込まれやすい設定が好きですね。読みやすいテンポや展開は昔読んだ赤川次郎さんを思い出します。今回の「流星の絆」もとても読みやすく面白かったです。今まで東野圭吾さんの本は「新参者」と「夢幻花」しか読んだことがなかったけれど、ちょっと本腰入れて読んでみようかと思ってます。