めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

東野圭吾著「ダイイング・アイ」を読み終わりましたが・・・消化不良気味


スポンサードリンク

近所の図書館は小さいので、好きな作家の本はほとんど読み終わってしまっています。そこで著書数の豊富な東野圭吾さんをしばらく読んでいました。今回は「ダイイング・アイ」です。

f:id:cosmehada:20161007084903j:plain

「ダイイング・アイ」のあらすじ

1つの悲惨な交通事故から物語は始まります。それがきっかけで不思議な事件が起こっていきます。

この話の主人公とも言うべき人物は雨村慎介で、職業はバーテンダー。彼が事故の被害者の夫に襲われて、事故の記憶を失ってしまいます。

その記憶を呼び戻そうとしているときに出会う奇妙な女。それは亡くなった被害者の女性にそっくりで・・・。

「ダイイング・アイ」はちょっと消化不良気味に終わる

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、読み終わったときに、なんかイマイチ感が抜けない小説でした。

まず、雨村慎介と同棲していた成美は結局どうなったか?というのも推測の域を出ません。

そして被害者である岸中美菜絵に取り憑かれたような上原ミドリ。まあ岸中美菜絵だとしても、彼女が復讐以外に慎介に近づく目的がよくわからん。

最大の疑問が、これはミステリーにしたかったのかホラーにしたかったのか?

どちらも中途半端になっている感じがしました。

面白かったのがカクテル

主役の雨村慎介がバーテンダーということもあり、カクテルの名前や作り方が少し出てきます。

私自身ほとんどお酒は飲まないのですが、美味しそうと感じました。知らない名前のカクテルばかりで、読んでいて面白かったです。

最後に・・・

「ダイイング・アイ」は映画化もドラマ化もされていませんが、原作のままでは難しいような気がします。ちょっと不明な点が多いストーリーなので・・・。

けっこう立て続けに東野圭吾さんを読んだので、しばらくはちょっと変えますかね。

 

cosmehada.hatenablog.jp

cosmehada.hatenablog.jp

cosmehada.hatenablog.jp