読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

グリコーゲンの枯渇って・・・どれぐらいで?


スポンサードリンク

ちょっと先日読んだ記事で、蓄えられていたグリコーゲンがうんたら・・・みたいなものを読みました。

f:id:cosmehada:20161212090540j:plain

グリコーゲン・・・今までとくに意識せず読んでましたが、そういえばグリコーゲンって、どれぐらいの時間で枯渇するんだろう??という疑問。

肝臓内のグリコーゲン

なんと十数時間、約半日で枯渇するらしい。貯蔵量は約100gほどで約350kcalぐらいらしい。

実はもっと貯蔵されていると思ってたので、ちょっと驚きました。

筋肉内のグリコーゲン

主に筋肉を動かすために必要なもので、貯蔵量は約300g、1000kcalぐらいでしょうか?

使われ方が違う!

肝臓のグリコーゲンは血糖値維持、筋肉のグリコーゲンは筋肉を動かすために使われる。

最後に・・・

現代人はグリコーゲンが枯渇することなんて少ないでしょうが、古代の人は日常茶飯事だったでしょうから、空腹でも動けるように筋肉内にグリコーゲン貯めたんでしょうね。

 

他にも糖新生やらなんやら、詳しく調べるとあるんですが、今回は自分の備忘録てきなものなので、ここまで!!

 

cosmehada.hatenablog.jp

cosmehada.hatenablog.jp

cosmehada.hatenablog.jp