めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

高田郁著「みをつくし料理帖」シリーズを読破した!


スポンサードリンク

時代もの小説大好きな私ですが、高田郁さんは初めてでした。「みをつくし料理帖」シリーズを、一気にダァーーーーっと読破しました(もちろん日数はかかってますよ)。

f:id:cosmehada:20170127102855j:plain

「みをつくし料理帖」シリーズのあらすじ

大坂生まれの澪は、小さい頃、水害のため両親を失う。澪を養ってくれた料理屋の主人と江戸に出てきた澪は、料理屋で料理人として働き始めるが、江戸と大坂の味覚の違いに戸惑う。

 

天性の味覚とあきらめない心を持った澪と、彼女を取り巻く人々。切ない初恋や幼馴染との深い友情などを綴ったストーリーです。

5年かけて完結へ

このシリーズ、完結までに5年かかっているんですね。でも発行されている冊数をみると、けっこう早いペースで書かれているんですよね。

 八朔の雪(2009年5月 ハルキ文庫)
    花散らしの雨(2009年10月 ハルキ文庫)
    想い雲(2010年3月 ハルキ文庫)
    今朝の春(2010年9月 ハルキ文庫)
    小夜しぐれ(2011年3月 ハルキ文庫)
    心星ひとつ(2011年8月 ハルキ文庫)
    夏天の虹(2012年3月 ハルキ文庫)
    残月(2013年6月 ハルキ文庫)
    美雪晴れ(2014年2月 ハルキ文庫)
    天の梯(2014年8月 ハルキ文庫)

高田郁 - Wikipedia

 すごく読みやすくて面白い!

この「みをつくし料理帖」シリーズは、ストーリーの面白さはもちろんですが、文字もビッチリ詰まってなく、とても読みやすいです。

 

巻末に、澪が考え出した料理のレシピが載っているのも楽しい♪ 個人的には鮎飯に心惹かれました^^

最後に・・・

最初の頃の巻は、人から借りて読みました。「面白いよ~」と勧められたのですが、本当に面白くてハマりました。最終巻まで揃ってなかったので、残りは図書館で借りて読みましたが大満足♪

 

高田郁さんの本、これからもチェックしていこうと思います。ちなみに高田郁(たかだ かおる)と読むんですね。これも新発見!