めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

ジェルタイプクレンジングのメリットとデメリット


スポンサードリンク

女性ならば誰でも使用するクレンジングですが、多くの化粧品メーカーが様々な種類の商品を開発しています。オイルクレンジング、ミルククレンジングなど色々なクレンジングがありますよね。

 

その中でもジェルタイプのクレンジングは、肌にしっかりくっついてメイク汚れを絡め取ってくれそうなイメージがありませんか?そんなクレンジングジェルのメリット・デメリットを考えてみました。

 

f:id:cosmehada:20170413141347j:plain

 

ジェルタイプのクレンジング

ジェル型のクレンジングには、オイルが使われているタイプと、ノンオイルのタイプがあります。

 

オイル配合のクレンジングジェル

メリット

多くのクレンジングジェルは、成分にオイル成分が含有されているものが大半になります。オイルとは、界面活性剤に油分を加えたもので、メイクをしっかりと落としたい方におすすめのクレンジングです。

 

オイルが含まれているクレンジングジェルは、皮膚の上でよく伸びるので、マッサージにも向いています。

 

デメリット

洗い上げる力が高くなる反面、皮膚にかかる負担が大きくなることには、気をつける必要があります。

 

オイル無配合のクレンジングジェル

メリット

オイルが使われていないクレンジングの場合は、界面活性剤の効果だけでメイク落としをします。皮膚へのダメージが小さく済むこと、洗浄力は抑えてあるのでメイクは少ししかしていないという人に適している商品です。

 

デメリット

オイル配合のものより洗浄力が弱め。そのためキッチリしたアイメイクや、ウォータープルーフ効果の高いファンデーションなど、落ちにくいメイクがあります。

 

最後に・・・

どのクレンジングを使うかは、自分の肌質や、どんなメイクをしているかにもよります。商品の特性を理解して、クレンジングジェルを選びましょう。

 

cosmehada.hatenablog.jp

cosmehada.hatenablog.jp

cosmehada.hatenablog.jp