めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

ニキビ化粧品の有効成分「サリチル酸」の効果って?


スポンサードリンク

サリチル酸は、皮膚の角質を溶解・軟化する作用があります。そのため、角質を溶かして新陳代謝を促す、ニキビ用のピーリング剤に使用されることが多いです。

 

f:id:cosmehada:20170428135234j:plain

 

高い防腐作用と抗菌作用

また、サリチル酸には高い防腐作用と抗菌作用が備わっているため、防腐剤として利用されることも多いですが、抗菌作用がそのままニキビ予防になるため、脂性肌用の化粧品にも使用されているようです。

その他にも、頭皮のフケを予防するための成分としてシャンプーや育毛剤に配合されたり、皮膚に細菌が繁殖しないよう、わきがや汗疹などの治療剤としても用いられています。

 

サリチル酸の注意点

日常品の中に幅広く利用されているサリチル酸ですが、サリチル酸は刺激の強い成分であり、配合量や肌のタイプによっては適さない場合もあります。


たとえば、サリチル酸を使用したピーリングでは、人によって色素沈着や炎症などのトラブルが発生することもあり、使用の際には注意が必要です。サリチル酸を含む化粧品を使用した場合も、過度な殺菌効果によって乾燥や痒み、赤みなどが起こる場合もあります。

 

最後に・・・

サリチル酸配合の化粧品は、ニキビがひどいときなど、その時々で使い分けるといいかもしれません。刺激が強いと感じたら、使用を中断するか、使用頻度を少なくするといいでしょう。

 

cosmehada.hatenablog.jp

cosmehada.hatenablog.jp

cosmehada.hatenablog.jp