めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

老けて見られる原因【シミ】美容外科や皮膚科でのシミ取り治療


スポンサードリンク

年をとると、だんだんと顔のシミが増えてきます。万全の注意を払って日よけの帽子やサングラスを使っていても、ある程度の紫外線は皮膚へと照射されるものです。紫外線によって肌が乾燥し、シミができてしまうのは、避けられないことなのでしょう。

 

近年では美容技術も大きく進んでおり、シミ取りに関する技術も進んできています。美容外科や美容皮膚科などのクリニックであれば、ほとんどの所でシミ取りの施術を実施しています。

 

f:id:cosmehada:20170518135522p:plain

 

皮膚科でのシミ取り治療

どうしてもシミを除去したい場合、皮膚科で治療をしてもらうという方法があります。シミ取り治療法は、具体的にはいくつか存在しています。ぬり薬やのみ薬でシミを薄くしたり、レーザーや光を使ってシミを取り除くという方法もあります。

 

レーザーの場合

シミ取りに特化したレーザーを照射することで、シミのもとになっているメラニン色素を焼き切ってくれます。レーザーをあてたところは、施術後しばらくはかさぶたのような状態になりますが、10日くらいが経過するとかさぷたが自然に取れ、シミがなくなります。

 

ですが、かさぶたが完全に取れるまではほくろができているようになりますので、ぱっと見は相当目立つ可能性があります。顔に大きなかさぶたが突然できれば、何事かと思う人も多いでしょう。施術後のかさぶたは乾燥させたい場所ですが、隠してしまいたいと思うものです。もしも、シミ取り治療を行う場合は、人と接する機会が少ないタイミングがいいでしょう。

 

塗り薬・飲み薬の場合

シミには症状や原因で、いくつか種類が分けられ、老人性色素班、そばかす、炎症性色素沈着、花弁状色素班等のシミがあります。そばかす、老人性色素斑、炎症性色素沈着の場合は、美白成分を配合した塗り薬や、飲み薬を利用することが、効果が高いといいます。

 

シミができる原因

シミの正体は、皮膚に沈着したメラニン色素です。褐色のシミや、淡い茶色のシミなど、色素の量によって色は様々です。お肌が加齢によって老化したり、遺伝な影響などでシミができるといいますが、複数の理由が絡み合っていることもあります。

 

お肌のシミ予防には、紫外線を長時間浴びないようにすることも大事です。紫外線を浴びると皮膚にはシミが多くなります。シミができる原因に、ホルモンのバランスが関わっていることがあります。なぜシミができるのかをよく理解しておきましょう。

 

最後に

顔にシミが出来てしまうと目立つところでもある為、どうにかしてシミを取ってしまいたいと思うものです。シミができると、実年齢よりも年をとって見えるようになりますので、シミ取りの方法を探る女性は大勢います。

 

シミの原因になっているメラニン色素が皮膚の深いところにあり、取りたいシミが明確な時は、レーザーて焼き切る治療ができます。皮膚のどの部分に、どんなシミができているかなどで、最適な治療法を選ぶ必要があります。皮膚科の診断を受けて、どんな治療法がシミ取りに有効かをしっかり見てもらいましょう。

 

cosmehada.hatenablog.jp

cosmehada.hatenablog.jp

cosmehada.hatenablog.jp