めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

ローズマリーの効果・効能 美容にも健康にもGOOD!!


スポンサードリンク

ローズマリーは古くから料理やアロマなどのさまざまな用途に利用されていて、美容やアンチエイジング効果が期待されている薬効の高い植物です。

 

f:id:cosmehada:20170622112546j:plain

 

ローズマリーの効果・効能

ローズマリーには、ポリフェノールの一種であるテルペノイドやフラボノイドといった抗酸化作用をもつ成分が含まれていています。

 

さらにローズマリーには、脳細胞の死滅を予防する効果が期待されているカルノシン酸が含まれています。

 

脳の神経細胞が損傷すると、記憶障害などが起こるアルツハイマー病や、筋肉がこわばって手足が震えるパーキンソン病などを発症することがあり、ローズマリーを摂取することで美容に対するアンチエイジング効果だけでなく、頭の老化防止にも役立ちます。

 

美容としても人気の高いローズマリー

アンチエイジングに適したエッセンシャルオイルは幾つかありますが、その中でもローズマリーは若返りのハーブと呼ばれています。花は淡いブルーの小さな花ですが全身を刺激し活力を与えるというすごい力があります。

 

f:id:cosmehada:20170622114948j:plain

 

ローズマリーがこれほど有名になったのは、中性ヨーロッパ、ハンガリー王妃エリザベートがローズマリーを使って若返ったことに端を発します。ハンガリーウォーターやハンガリアンウォーターとも呼ばれる化粧水です。

 

本格的なものを作るには材料もたくさん必要ですが、最近では完成品も販売されているのし、制作キットも販売されていますよ。

 


自分でエッセンシャルオイルを使って手作りしてもいいですね。肌にはバリア機能があるため、悪いものばかりでなく浸透させたいものもはじいてしまいます。エッセンシャルオイルは水より肌に浸透しやすくじんわり入っていきます。 

 

しかし、原液をそのまま肌に塗ってはいけません。少量をそのまま使えるものもありますが、エッセンシャルオイルの原液は肌には強すぎるからです。

 

だからローズマリーはホホバオイルなどのキャリアオイルと呼ばれる植物オイルや、アルコールなどで薄めて使ってください。

 

最後に・・・

日常生活をおくる中でストレスや排気ガスなどが原因となり、体内の活性酸素はどんどん増えていきます。過剰になった活性酸素は細胞を酸化させてしまうので、機能が衰えてしまい老化という状態になります。

 

このため発生し過ぎた活性酸素を抑制するには、抗酸化作用のあるポリフェノールなどの成分を体に摂り入れることが効果的であり、これらの成分が持っているアンチエイジング効果をうまく活用しましょう。