めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

減っていくエストロゲンの代わりのイソフラボンは「エクオール産生菌」が鍵!


スポンサードリンク

女性特有の美しさや、みずみずしさを保っている独特のホルモン。これがエストロゲンといわれる女性ホルモン。

 

エストロゲンは女性らしさに関係してくる大切なホルモンですが、美容と健康には欠かせないホルモンでもあります。

 

 

f:id:cosmehada:20170629132951p:plain

 

エストロゲンの分泌

エストロゲンは女性の生理が終わった時に分泌されるものです。生理が順調にくるように整える働きがあります。

 

いわゆる更年期障害というものはエストロゲンが不足することで生理が不順になったり、それが原因でイライラしたりする理由です。

 

減っていくエストロゲン

エストロゲンの分泌のピークは30歳頃まで。40代あたりからグンっと減っていきます。
加齢で衰えてくる前に、積極的なアンチエイジングとしてエストロゲンを増やすように心がけなければなりません。

 

しかし、外部から補って増やせるものではありません。エストロゲンは体内で作られる成分だからです。そのため、似た働きをするものを探す必要があります。

 

有名なのがイソフラボン

大豆の多く含まれているイソフラボンという成分は、エストロゲンと似た働きを持つことで有名ですよね。


食生活では大豆製品を積極的に摂取する、日常的にイソフラボンのサプリメントを服用するなど、継続できる対策をとる必要があります。

 

 

 

しかし・・・

 

 

 

イソフラボンを摂取しても、2人に1人は意味がないようです。

 

イソフラボンがエストロゲンのような働きをするには、摂取したイソフラボンをエクオールという成分に変換する必要があります。そこで活躍するのが腸内細菌!

 

腸内細菌は人それぞれ。現在まで10種類ほど見つかっている「エクオール産生菌」というものを持っていないと、イソフラボンを摂取しても効果は薄いようです。日本人の割合では持っている人は50%ほどのようですね。

参照:https://hc-sys.com/project/equol/

 

エクオールを作れるかどうかは、市販の検査キットで尿検査をしてみることです。採尿して検査機関に返送し、検査してもらうという方法です。

 

 

エクオールのサプリメント

もし、「エクオール産生菌」を持っていなくても大丈夫です。今はエクオールのサプリメントが販売されています。

 

薬と違って即効性はないかもしれませんが、40代以降の女性特有の悩みが気になり始めたら、試してみるのもいいかもしれませんね。