めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

石鹸洗顔のススメ【洗顔フォームとの違いは?毛穴に効く?皮がむけたときは?】


スポンサードリンク

洗顔をするときに石鹸を使うという人も増えてきましたよね。私もダブル洗顔不要のクレンジングを使ったりしてますが、真夏のすごーーく汗をかいてベタベタのときは、スッキリ洗顔石鹸が気持ちいいですよね。

 

個人的にも洗顔フォームを使うよりは、成分がシンプルな純石鹸が大好きです。

 

f:id:cosmehada:20170718112518j:plain

 

石鹸と洗顔フォームは何が違う?

石鹸・・・まあここでは純石鹸のことです。石鹸と洗顔フォームの違いは、やはり合成界面活性剤を使用しているか否かでしょう。

 

合成界面活性剤は肌のバリア機能を壊し角質に損傷を与えます。どんなに洗い上がりしっとりと言われている洗顔フォームでも、それは同じです。別の人工的な保湿成分でごまかしているだけです。

 

石鹸を用いた洗顔の魅力は、角質を傷めずに顔を洗えること。石鹸の界面活性剤は、むるま湯や水で洗い流すと、肌に界面活性剤が残らないからです。肌の汚れを落とすという界面活性剤本来の役目を終えてから、はがれ落ちるようになるのです。

 

石鹸洗顔で毛穴に効く!?

毛穴の開きが目立たなくなった!という口コミもありますが、理由として考えられるのは、肌が自分の力で頑張るようになったからでしょうか?

 

人の皮膚は弱酸性と言いますが、石鹸は弱アルカリ性。しかし、このアルカリ性の石鹸こそが肌に界面活性剤を残さないんです。汚れを落として肌に余計な成分を残さないからこそ、肌本来の力を育てやすいんですね。

 

石鹸洗顔で肌チカラが強くなったからこそ、開いていた毛穴が目立たなくなってきたのでしょう。

 

f:id:cosmehada:20170718113247j:plain

 

石鹸を使った洗顔方法

石鹸を使った洗顔方法も洗顔フォームと同じです。しっかりした泡を作って、ベタつきがちなTゾーンから泡の乗せましょう。それを顔に転がすようにして、30秒ほど洗います。

 

汚れが溜まりがちな小鼻周り、洗い残しやすいアゴ周辺と耳の下あたりも、しっかりと意識して洗いましょう。

 

石鹸洗顔で皮がむけた時は?

石鹸洗顔をすれば、肌がある程度つっぱるのは普通ですが、肌の状態によっては石鹸洗顔を中止したほうが良い場合もあります。肌がヒリヒリする、赤くなってきている、かゆみが強くなったりしたときです。

 

さらに皮膚がむけてきたりするのなら、石鹸の毎日の使用に皮膚が耐えられないほど敏感になっている証拠です。刺激を与え続けると肌の炎症を起こすことがあるので注意が必要です。

 

未熟な肌であればあるほど、石鹸のアルカリ性の刺激の影響が強くなります。そういう場合、洗顔フォームも含めて泡立つ洗顔を中止し、クレンジングとすすぎだけにするなどして、肌の回復を待ちましょう。

 

cosmehada.hatenablog.jp

 

石鹸洗顔は、肌が育った状態で使うようにしましょう。肌のさまざまな合図を見逃さずに、違和感があったらすぐに石鹸の使用を中止しましょう。

 

ドラッグストアで買えるおすすめ洗顔石鹸3選

ここ最近のお気に入りは「アレッポの石鹸」なんですが、「白雪の詩」も買いますね。ドラッグストアで買える純石鹸は、すぐに手に入るのが1番嬉しいところです♪

 

ねば塾「白雪の詩」

 

ねば塾 白雪の詩

 

パームとパームの核油だけを原料に中和法で作った純粋な石鹸分だけを機械練にて無添加で仕上げた名前のとおりの真っ白な石鹸。もちろん色素、香料、添加物は一切使用しておりません。

http://www.neba.co.jp/p-shirayuki.html

 

ビッグサイズでお得!180gが2個入りで300円以下というお手頃価格。この「白雪の詩」は化粧石鹸ではなく、実は洗濯用石鹸なんですが洗顔に使う人が多いんですよ。

 

cosmehada.hatenablog.jp

 

 シャボン玉石けん 

シャボン玉 浴用 石けん 100g(無添加石鹸)

 

 

 香料、着色料、エデト酸塩(EDTA-4Na)などの酸化防止剤、合成界面活性剤を使用していない無添加石けんです。

https://www.shabon.com/shop/products/view/3110

 

@コスメでも上位にいることが多いシャボン玉浴用ですが、乾燥が気になるなら、浴用のプレミアム版「ビューティーソープ」もあります。シャボン玉浴用(100g)なら140円前後、ビューティーソープなら200円前後です。

 

ミヨシ 無添加白いせっけん

無添加白い石鹸1P ピロー 108G

 

 

食用グレードの天然油脂をまるごと焚き込み、5日間熟成させて作った純せっけん。もちろん、香料・着色料・防腐剤等いっさい無添加。自然のうるおい感と泡立ちのよさが特長です。香料などの添加物に敏感な方にもおすすめです。

https://www.miyoshisoap.com/products/category2.html

 

敏感肌さんやアトピーの人からも好評なミヨシの「白いせっけん」。こちらも乾燥が気になるなら「無添加 洗顔せっけん」もあります。「白いせっけん(108g)」が150円前後、「無添加 洗顔せっけん」は40gが2個入りで500円前後です。

 

最後に・・・

洗顔も石鹸が好きな人、洗顔フォームが好きな人がいますが、洗顔フォームの合成界面活性剤が気になるなら、ぜひ純石鹸を試してもらいたいですね。高級な石鹸を使わなくても、シンプルな純石鹸なら数百円で買えますし安全です。

 

ただ、石鹸洗はアルカリ性であることによって敏感な肌にとっては刺激を与えすぎてしまうことがあるので、肌が過敏な状態のときは石鹸洗顔をせずに様子を見るようにし、健康になってきたら石鹸洗顔に切り替えるという方法がおすすめです。

 

cosmehada.hatenablog.jp

 

cosmehada.hatenablog.jp

 

cosmehada.hatenablog.jp