めんどくさがり屋と年齢肌

めんどくさがり屋のアラフォー主婦、適当なケアでお肌がなんとかならないか模索中!

ノンケミカルシャンプーと言えば、石鹸シャンプーが一番シンプルかも!?


スポンサードリンク

シャンプーもノンケミカルにしたい!という場合、一般的に選ぶのが「ノンシリコンシャンプー」だと思います。

 

これまでの一般的なシャンプーとどんな違いがあるか?というと、単純にシリコンが配合されているか、いないかという部分。ノンケミカルとはちょっと違うような気もしますが・・・。

 

f:id:cosmehada:20170607111100j:plain

 

髪をツルピカに見せてくれるシリコン

一般的な市販されているシャンプー。髪をキレイに、生き生きと見せるために、髪のコーティングを施すための成分を配合しています。それがシリコンになります。

 

シリコンは悪者か!?

排水に混ざり環境破壊を招くという話は別とします。いろいろありますが、シリコンは、シャンプーを洗い流した後も頭皮に残ってしまうため、それが頭皮にはあまりよろしくないというのが一般的な考えであります。

 

しかし、頭皮に影響はないと論ずる方もいらっしゃいますので、自分に合う・合わないだけで判断するしかないでしょう。

 

ノンシリコンシャンプーなら安心か?

よくある話に、シャンプーはノンシリコンでも、コンディショナーにはシリコンたっぷりという話。本気で避けるなら、しっかり自分で成分をチェックすることが大切です。

 

とくに成分がシンプルな石鹸シャンプー

これらを総合して考えると、石鹸シャンプーが成分もシンプルで安心できますよね。石鹸シャンプーは洗浄成分が石鹸のため、髪の汚れや油分を落としてくれるとともに、頭皮に無駄なものを残すことなく洗い流してくれます。

 

しかし使用感は・・・

しかし石鹸ですので、ツルツルした手触りは期待してはいけません。ハッキリ言って、ギシギシ&ゴワゴワです。そのため、髪の毛に指が通りにくく、すすぎが不完全になってしまう場合もあります。そこをどう乗り越えていくか?ですよね。

 

リンスはクエン酸が多い

クエン酸と水で作られていることが多い石鹸シャンプーの専用リンス。薄めて使うのが主流です。これを使うことでゴワゴワになった髪がスルっと柔らかくなります。石鹸で弱アルカリ性に傾いた髪を、クエン酸が弱酸性に戻してくれます。

 

専用リンスでもいいですが、お酢やレモン果汁、クエン酸を買ってきて自作することも可能です。

 

www.live-science.com

 

最後に・・・

私は今はカウブランドの無添加シャンプーのみ!それがなくなったら、アレッポの石鹸で洗うと思います。もともとシリコンのツルツル感が苦手なので・・・。慣れてしまえば、ギシギシ感は全然平気になるんですが、慣れるまではクエン酸リンスを使うことをおすすめします。

 

cosmehada.hatenablog.jp

 

cosmehada.hatenablog.jp

 

cosmehada.hatenablog.jp